ひざ掛けとブランケットの違い

ひざ掛けとブランケットの違い

ひざ掛け,ブランケット,違い

ひざ掛けとブランケットの違いって何でしょう。
割りと良くある質問です。

 

自分自身パッとでてくる答えは結構あいまいです。
「ひざ掛けは、膝にかけている。ブランケットは方にかけたり膝に掛けたり…かな」程度のレベルでしかありません。
明確な違いが分かりません。

 

ひざ掛けとブランケットの違いとは

 

では、ひざ掛けとブランケットの違いはあるのでしょうか。

 

ブランケットは英語で【blanket】となり、毛布を意味します。
糸で織られた薄手の生地の布。大きさは人をくるめるくらいの物ということでしょうか。
寒さをしのぐために肩や身体にかける。

 

それに対して、ひざ掛けは。
座った時に膝に掛けて寒さをやわらげる布。1メートル四方の大きさで膝と脚をおおうくらい。素材の種類は問わない。

 

 

正直明確な定義はないような感じです。が
簡単にまとめていうと

1メートル四方の大きさで膝に掛けるものをひざ掛け。
それよりも大きなもので身体にかける、おおうものをブランケット。

という感じ。ではないでしょうか。

 

厳密な違いがないまま使われているので人によって微妙なずれがでてきます。
なのでこのような、なひざ掛けとブランケットの違いは?というような疑問が出てくるようです。

 

あまりむずかしく考えずに用途別に考えれば良いのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


屋号

ぴたり通販 / M

 
トップページ お買い物の流れ 決済・配送・納期について キャンセル・返品について カートをみる